音読英単語必修編はおすすめ?単語レベルや勉強法を考えた!

音読英単語必修編

どうも!リトルドッグです!今日はZーKAIから出ている「音読英単語の必修編」です!

特徴はどんなものかをまとめた上で、レベルやおすすめ具合、おすすめの勉強方法などリトルドッグ的に考察していきます!

では早速いってみましょう!

スポンサーリンク

音読英単語の必修編 はこんな人におすすめ

Littledog
Littledog
  • 音声が充実した難易度の高い単語帳を探している人
  • 例文中に一度出てきた単語を使用している単語帳を探している人

音読英単語の必修編 の特徴

ここでは音読英単語の特徴を、他のリトショ内の単語帳と比較してまとめます!
ただしほとんどが入門編と同じです。そちらを抜きにして、必修編のみの特徴をまとめて起きます!

  • 音声は全て英語(単語→句→文)と英単語→日本語訳→英単語の2種類
    バックに微かなミュージックが流れています
    必要ない気もしますが、単調になるのを防ぐのに貢献している気がします
  • UNITの終わりには重要単語を使用した発話練習が掲載しています
    今まで登場した単語を用いて、短い会話文を作っています。
    入門編では否定文、疑問文を作るものに対して、会話文となっており、かなり実践的なものになっています!
    欲を言えばもう少し取り上げる語数を入れてくれたら嬉しいな〜
  • 速読英単語と同じレベル設定
    入試に必要な1900語を収録しています。しかし個人的には収録されている単語はかなり難しいものも含まれている気がします

音読英単語の必修編 に対するリトルドッグの私見

たっぷりの収録語数により、これ一冊でほとんど全ての入試に対応ができると思います。
また入門編に続き、「一度出てきた単語をできるだけ例文で使用する」ことを心がけています。何回も自然に同じ単語に触れることで理解が促進される好循環を産むでしょう

懸念点としては単語の難易度(レベル)は相当難しい気がします
掲載はテーマ別(使用状況別)になっているので、同じ箇所にあっても難易度がバラついている感じがあります。
まぁどうせ覚えるからと思ってしまえばあまり気にすることでもないかもしれませんが…

リトルドッグが感じる微妙な点は入門編と同じなのですが、句とセンテンスで使っているフレーズが同じ点です。どちらかに割り切った方が単語帳の特徴が出るように感じます!

どうせなら使用者の表現幅を増やすために様々なものを掲載してほしいところ!

反対に入門編と違ってものすごくよく感じた点はUNIT最後の重要語句表現が会話文になっている点です!これはリアルベースの英語使用を学ぶことができるだけでなく、覚えてきた単語を再確認できる意味でも画期的です!

おすすめ勉強法

Littledog
Littledog
  • 音声を利用して覚えるのがおすすめだ!会話文は何度も聞き直せ!

リスニング問題に対して個別に時間を取ることはなかなか難しい。なので単語を覚える段階から音声を用いて、文章に慣れることはとても有意義だ!

音声を使わないなら英単語→単語訳→例文確認の順をおすすめするよ
例文にはこれまで登場した(する)単語も豊富に入れている。この例文を確認しない手はない!

そして何よりそれが最大限生かされているのがUNIT最後の重要単語を使った発話トレーニングだ!ここを何度も聞くことにより、会話練習と単語の復習ができるという最高の効率を発揮します!

最後に

今日は「音読英単語の必修編」を取り上げてみました!

入門編よりも実用的で、難易度も充実感があります!特に一度出てきた単語を再登場させることにこだわっているので、進めているだけでもどんどん覚える単語帳だと感じました!

では、本日はこれまで!その他の学習参考書についてはリンク先から!

この記事を書いた人

Littledogと言います。元英語教員(7年間)。大学時代から教育を学び、有名塾で講師をしていました。早慶GMARCHなど合格実績あり。英検対策や大学入試での推薦入試など進学指導に尽力。
アメリカ、フィリピン、ドイツへ留学経験あり。

Littledogをフォローする
スポンサーリンク
学習参考書未分類
Littledogをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました