レベル別英語長文問題Solution スタンダードレベルの難易度や勉強法は?おすすめの参考書か考えた!

英語長文問題Solutionスタンダードレベル

どうも!リトルドッグです!今日はレベル別英語長文問題Solutionの1スタンダードレベルをリトルドッグ的に考察してみたいと思います!

こちらの著者肘井学氏はスタディサプリでもお馴染みの方です!

今までのリトショで紹介してきた長文テキストと比較しながら考察します。まずはこの参考書の特徴を考えます。

それからリトルドッグ的考察と勉強法を書いていきます!

ぜひ最後まで読んでいってください!

スポンサーリンク

レベル別英語長文問題Solution スタンダードレベルはこんな人におすすめ

Littledog
Littledog
  • 日東駒専や産近甲龍を目標としている人
  • 300、400語ぐらいの短く、ある程度解説も詳しく載っており、質の良い問題を解きたい人

レベル別英語長文問題Solution スタンダードレベルの特徴

ここでは今までリトショで紹介してきた参考書と比べて、レベル別英語長文問題Solution スタンダードレベルの特徴だと感じることをまとめておきます!

  • 比較的短い語数の問題が掲載されている
    これは著者のこだわりのようで「音読がしやすい」分量にしているようです
  • 語彙リストがついているので最後に自分の語彙力チェックを行える
  • 各章の最後には背景知識を広げるためのコラムが掲載されている
    受験生になると意外とこういうところ飛ばしがちだよね。しっかりと読んでおこう!
  • スタンダードレベルは日東駒専や産近甲龍辺りを目標としている
    確かに構文ポイントや論理ポイントでは基本的なことを掲載している

1番の特徴は語数を400語に絞っていること!音読をやってほしいみたいだから全てのレベル帯でこの語数にするという徹底ぶり!正しくこだわりです!

レベル別英語長文問題Solution スタンダードレベルに対するリトルドッグの考察

基本的に選択肢の解説は丁寧を心がけているようだが…その解説の仕方が他の今までの参考書と同じ感じだな〜と思いました

だから選択肢の切り方がちゃんと書いてある問題と書いていない問題が存在します

本文のここと合致するとか本文ではこう書いてあるからこれが正解と記載する解説も多い

この選択肢はこう引っ掛けたいとか、この選択肢は本文のこれを言い換えているとか、本文では具体として書かれているけれど選択肢では抽象的な言い方になっている

選択肢それぞれの作られ方を教えてあげた方が学習者も理解しやすいのでは??

とリトルドッグは思います…。

その点ではThe RulesやPOLARISの方が参考になるように思います!

また構文ポイントとして文法を
論理ポイントとして文章を読む際の注意点が記載されています

こちらもポイントの記載内容も基本的なものが多く、あまり著者の特徴らしいものはないです。難易度自体はかなり基礎的なものが多いと思います。

ダメ出しみたいなものが多くなってしまいましたが…他の300〜400語程度の参考書と比べると解説が丁寧です!文章の内容も近年の入試に配慮した内容となっています。

400語程度で質がよく、解説が丁寧な参考書を探している人には向いている参考書だと感じました!

レベル別英語長文問題Solution スタンダードレベル のおすすめ勉強法

Littledog
Littledog

著者のこだわりが音読みたいだぞ!

音読のために文字数をわざわざ300〜400字に押さえるという徹底ぶり。ならばそれを有効に使うしかないではないか!!

問題を解いて、選択肢の切り方や考え方を吟味!(どうして間違えたのかな?どこを読めば正解できて、どうしてそこを読めなかったのかな?などを考える!)

その後に問題の最後に掲載されている語彙リストを見て、まずは自分が知らなかった語彙をまとめてチェックしよう!

それから著者が付けている白文を利用して、声に出して読んでみよう!

その際も発音できない単語はスマホや辞書で実際に音を鳴らして聞いてみた方がいいぞ!

最後に

今日はレベル別英語長文問題Solution スタンダードレベルを考察してみました!

解説の仕方まで含めて割とスタンダードな参考書だったと思います!400語程度で良い参考書を探している人は十分選択肢に入る参考書だと思います!

では本日はこれまで!その他の学習参考書についてはリンク先から!

この記事を書いた人

Littledogと言います。元英語教員(7年間)。大学時代から教育を学び、有名塾で講師をしていました。早慶GMARCHなど合格実績あり。英検対策や大学入試での推薦入試など進学指導に尽力。
アメリカ、フィリピン、ドイツへ留学経験あり。

Littledogをフォローする
スポンサーリンク
学習参考書未分類
Littledogをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました