新・英文法頻出問題演習Part1文法篇はおすすめ?勉強法も考えてみた!

新・英文法頻出問題演習
Part1
文法篇

どうも!リトルドッグです!今日が駿台文庫から出版されている「新・英文法頻出問題演習」の「Part1文法篇」について考えてみたいと思います!

この参考書は大学入試におすすめできるものか?他の参考書と比べたときの特徴はどうか?

それらを踏まえた上でどのように勉強すればいいのかもリトルドッグ的に考えてみたいと思います!

ではいきましょう!

スポンサーリンク

新・英文法頻出問題演習Part1文法篇 はこんな人におすすめ

Littledog
Littledog
  • 日本語の解説を最小限に抑えて、例文をたくさん暗記するような勉強をしたい人

新・英文法頻出問題演習Part1文法篇 の特徴

ここではリトルドッグが注目したい新・英文法頻出問題演習Part1文法篇の特徴をまとめてみたいと思います!

  • 多くの問題が穴埋め形式になっている
    ただし実質的には4択の問題と同じような構成になっている
  • Part2の熟語篇とかなり連動している

新・英文法頻出問題演習Part1文法篇 に対してのリトルドッグの私見

ほとんどが穴埋め形式になっているのには著者の「答えを暗記するのではなく、文法の知識を活用できるようになってほしい」という意図を感じる

4択問題だと「なんとなく」答えられてしまうが、こちらの参考書ではできない。真の文法力を確かめることができる

ただし個人的にはあまり効率が良くないかな〜と感じる点が多い。以下でまとめておきます!

  • あまりにもヒントがなすぎて「これ何を入れる問題なの?」となるときもたまにある。解答を見てあ〜となるが、違うもの(例えば冠詞だけ入れるとか)でも( )に入ってしまうのでは?という設問もちらほら。
  • ( )内に選択肢が並んでいるだけで、実質4択と同じ形になっている設問もある
  • 解説もそこまで丁寧ではないので理解に苦労する問題もある。
    こっちの問題参照などのマークがたくさん書いてあるが、行ったり来たりしなければならず、またいった結果「だからなんなの?わざわざ確認させる意味あるか?」と思う時もある

新・英文法頻出問題演習Part1文法篇 のおすすめ勉強法

とにかく進めていくこと!

Littledog
Littledog

せっかく例文集のように使うことができる(穴埋めや( )に選択肢が入っているから)ので、音読をしながら音として英文法を理解していこう!

解説が丁寧ではないので、その他の総合英語など文法がまとまっているものがあると確認しやすくていい。(総合英語の参考書についてはタグ欄からみてね!)

真の文法力を身につけるためのものなので、細かい文法事項は気にせずガンガン進めよう!

最後に

今日は新・英文法頻出問題演習PARTⅠ文法篇を見ました!
入試におすすめかは…ん〜?という感じですが、テンポよく例文集のように英語を学習することができます!

また例文集を探している人にとってもいい参考書なのではと感じました!

では本日はこれまで!その他の学習参考書についてはリンク先から!

この記事を書いた人

Littledogと言います。元英語教員(7年間)。大学時代から教育を学び、有名塾で講師をしていました。早慶GMARCHなど合格実績あり。英検対策や大学入試での推薦入試など進学指導に尽力。
アメリカ、フィリピン、ドイツへ留学経験あり。

Littledogをフォローする
スポンサーリンク
学習参考書未分類
Littledogをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました